株式会社大和速記情報センターは、昭和29年創業の速記・テープ起こし・会議録検索・議会映像配信システムを主体とした情報処理の専門会社です。

コーヒーブレイク コーヒーブレイク

速記者のミス

2014年(平成26年) 3月号 Vol.117

HOME > コーヒーブレイク > 速記者のミス > 似た音の誤聴・誤訳

2014年(平成26年) 3月号 Vol.117似た音の誤聴・誤訳 速記反訳・テープ起こしで最も多いミス

速記者は、録音取材をする席の位置や環境によって、コーヒーカップの音に泣かされたり、また内蔵マイクによるノイズの多い録音によく泣かされています。そんな速記者の、こんなミス、あんなミスを、連載してまいります。

表の見方x聞き間違い・勘違いo本当はこういう意味で言っていた

x
本日、建設産業活性化会議が開かれますが、これは防災、減災、復興、そして老朽化対策を急いでいくために、現場の実情を把握しながら、さらに悔悟を持ってやっていこうということであります。
o
本日、建設産業活性化会議が開かれますが、これは防災、減災、復興、そして老朽化対策を急いでいくために、現場の実情を把握しながら、さらに会合を持ってやっていこうということであります。
x
結局、大手の研究所の人がリードして、MRIスキャナーを使って研究していくのですが、その人の部下というか、一種の個人といった人たちで仕事を回している感じです。
o
結局、大手の研究所の人がリードして、MRIスキャナーを使って研究していくのですが、その人の部下というか、一種のcolleagueといった人たちで仕事を回している感じです。
colleague→同僚のこと
x
権限移譲の対象範囲等ですが、第1次推進要綱に基づきまして、第1次勧告の方向に沿って、県内で関係するものについてはなるべく移譲していくなど~
o
権限移譲の対象範囲等ですが、第1次推進要綱に基づきまして、第1次勧告の方向に沿って、県内で完結するものについてはなるべく移譲していくなど~
x
今回、関係省庁、そして北欧の大学との緊密な連携によりまして、大学及び社会教育における消費者教育の指針の内容について、一族可能であるというところを打ち出すことが~
o
今回、関係省庁、そして北欧の大学との緊密な連携によりまして、大学及び社会教育における消費者教育の指針の内容について、持続可能であるというところを打ち出すことが~
x
当院では、従来、紙のカルテをずっと使っていたのですが、電子カルテになったばかりで、体制は整いましたけれども、通常診療の患者動静も全て変わってしまいましたので~
o
当院では、従来、紙のカルテをずっと使っていたのですが、電子カルテになったばかりで、体制は整いましたけれども、通常診療の患者動線も全て変わってしまいましたので~
x
法人税改革の関係ですが、前政権時に行われた、繰越控除を急激に伸ばしたことを今、検討した事実はありません。法人税のあり方については、課税ベースのあり方とか~
o
法人税改革の関係ですが、前政権時に行われた、繰越控除を9年に伸ばしたことを今、検討した事実はありません。法人税のあり方については、課税ベースのあり方とか~
x
以前から行われている臨床研究の同意文書のバージョンアップについてですが、今回、電子カルテの文書に使用させていただくに当たって~
o
以前から行われている臨床研究の同意文書のバージョンアップについてですが、今回、電子カルテの文書に収載していただくに当たって~
x
大切なことは、日本の強靭性をどう担保していくか。各商工会議所が福島の応援を第一として有機機器をさらに探して、持っていけるものはと一生懸命やっていますが~
o
大切なことは、日本の強靭性をどう担保していくか。各商工会議所が福島の応援を第一として遊休機械をさらに探して、持っていけるものはと一生懸命やっていますが~
x
農産品の重要5品目については、国会の決議を踏まえ、国益の観点からぎりぎりの交渉を続けていく形なります。引き続き、両国の立場に隔たりはありますが、周りを狭めていくことで双方が同意をしている~
o
農産品の重要5品目については、国会の決議を踏まえ、国益の観点からぎりぎりの交渉を続けていく形なります。引き続き、両国の立場に隔たりはありますが、間合いを狭めていくことで双方が同意をしている~
x
国家戦略特区は従来の規制の厳しい中を突き抜けていくための1つの突破口になるわけで、意思決定においては特区担当大臣と、その特区の中で仕事を進めていきたいという組長と民間人とが基本になっていくだろうと思います。
o
国家戦略特区は従来の規制の厳しい中を突き抜けていくための1つの突破口になるわけで、意思決定においては特区担当大臣と、その特区の中で仕事を進めていきたいという首長と民間人とが基本になっていくだろうと思います。
速記者のミス 一覧へ