株式会社大和速記情報センターは、昭和29年創業の速記・テープ起こし・会議録検索・議会映像配信システムを主体とした情報処理の専門会社です。

コーヒーブレイク コーヒーブレイク

速記者のミス

2013年(平成25年) 2月号 Vol.104

HOME > コーヒーブレイク > 速記者のミス > 似た音の誤聴・誤訳

2013年(平成25年) 2月号 Vol.104似た音の誤聴・誤訳 速記反訳・テープ起こしで最も多いミス

速記者は、録音取材をする席の位置や環境によって、コーヒーカップの音に泣かされたり、また内蔵マイクによるノイズの多い録音によく泣かされています。そんな速記者の、こんなミス、あんなミスを、連載してまいります。

表の見方x聞き間違い・勘違いo本当はこういう意味で言っていた

x
特例公債について、地方交付税の配付が既に分割でという形になっていますが、それに対して実態は金融機関からお金を借りた場合に金利負担を強いられているのですが~
o
特例公債について、地方交付税の配布が既に分割でという形になっていますが、それに対して自治体は金融機関からお金を借りた場合に金利負担を強いられているのですが~
x
日本郵政の株式の売却は復興債の財源になり、これが高く売れることで国民の負担が減り、経済界においても購買力が増して、経済の細部がよくなるということになります。
o
日本郵政の株式の売却は復興債の財源になり、これが高く売れることで国民の負担が減り、経済界においても購買力が増して、経済のサイクルがよくなるということになります。
x
衆議院においても参議院においても、党から離脱する人が出ないという約束のもとで会派を組むのに、組んで間もなく複数名が離脱するのは、実に遺憾にたえない話であり~
o
衆議院においても参議院においても、党から離脱する人が出ないという約束のもとで会派を組むのに、組んで間もなく複数名が離脱するのは、実に怒りにたえない話であり~
x
今回の所信表明の中には解散についての言及はありませんでしたが、近いうちに解散するという口頭間の約束については意識はされているのでしょうか。
o
今回の所信表明の中には解散についての言及はありませんでしたが、近いうちに解散するという公党間の約束については意識はされているのでしょうか。
x
後遺障害認定基準は行政通達ということになりまして、民事損害賠償請求を視野に置いて裁判所を拘束するものではなく、自由な心証に基づいて判断ができるわけであります~
o
後遺障害認定基準は行政通達ということになりまして、民事損害賠償請求の事案において裁判所を拘束するものではなく、自由な心証に基づいて判断ができるわけであります~
x
日本全体の経済の地元の団体等は1年たてば変わってきておりますので、今後はより被災地直接の予算に特化していくべきだろうと考えております~
o
日本全体の経済の状況の段階等は1年たてば変わってきておりますので、今後はより被災地直接の予算に特化していくべきだろうと考えております~
x
デフレからの脱却は、成長力の強化と金融面からの投資の双方を通じて実現されていくものであります~
o
デフレからの脱却は、成長力の強化と金融面からの後押しの双方を通じて実現されていくものであります~
x
特例公債法案については、現状では11月中にも本当に歳入結果になりますから、非常に重いものであり、早急に可決していただかなければなりません。
o
特例公債法案については、現状では11月中にも本当に歳入欠陥になりますから、非常に重いものであり、早急に可決していただかなければなりません。
x
国会は審議のためにあるので、所信表明、そして代表質問がスタートですから、きょうから週3で、ぜひ、全党そろって代表質問をしていただきたいと思っております。
o
国会は審議のためにあるので、所信表明、そして代表質問がスタートですから、きょうから衆参で、ぜひ、全党そろって代表質問をしていただきたいと思っております。
x
幅広い金融機関に活用されるよう、一金融機関当たりの利用限度を10億ドルとし、そして適用する金利は、米ドル6カ月物、第5の変動金利としました。
o
幅広い金融機関に活用されるよう、一金融機関当たりの利用限度を10億ドルとし、そして適用する金利は、米ドル6カ月物、LIBORの変動金利としました。
(LIBOR(London Inter-Bank Offered Rate):ロンドン銀行間取引金利のこと)
速記者のミス 一覧へ