株式会社大和速記情報センターは、昭和29年創業の速記・テープ起こし・会議録検索・議会映像配信システムを主体とした情報処理の専門会社です。

コーヒーブレイク コーヒーブレイク

速記者のミス

2004年(平成16年) 7月号 Vol.4

HOME > コーヒーブレイク > 速記者のミス > 似た音の誤聴・誤訳

2004年(平成16年) 7月号 Vol.4似た音の誤聴・誤訳 速記反訳・テープ起こしで最も多いミス

速記者は、録音取材をする席の位置や環境によって、コーヒーカップの音に泣かされたり、また内蔵マイクによるノイズの多い録音によく泣かされています。そんな速記者の、こんなミス、あんなミスを、連載してまいります。

表の見方x聞き間違い・勘違いo本当はこういう意味で言っていた

x
国の権限を地方の自主性に委ねるという方向へ、大きな評価が動きつつあるように
o
大きな氷河が動きつつあるように
x
大口の預金の管理体制のチェックは、これまでの通年・専担検査の一部に入っていたのか
o
大口の与信の管理体制のチェックは
x
先般の与野党合意について、これは高等官の約束であり合意は履行していただきたい。
o
これは公党間の約束であり
x
行革に努力し不交付団体になるべきだとおっしゃるが、
o
富裕団体になるべきだとおっしゃるが
x
国内からの輸出をしたいとする、海外への一貫輸送の問題
o
輸出を主体とする海外への
x
部を挙げて、私たち課より始めて
o
私たち隗より始めて
x
予算編成をし直さないと今年度負担に耐えられないという
o
後年度負担に耐えられないという
x
日本の素材産業が突然よくなったのは中国のほうが安売りをしなくなった
o
中国の宝山が安売りをしなくなった
x
幾つかの要点について検討して、こういうスタンスで臨みたいと
o
幾つかの要点について県としてこういうスタンスで
x
エレクトロデバイスの多層基板事業は、ほとんど自動車用と模型です
o
ほとんど自動車用途向けです
速記者のミス 一覧へ